アクバルについて - インド料理 アクバル

当社が自信をもってお出しする“インド料理”

スパイス

インド料理といえば日本ではまずカレーライスを思い浮かべられるのではないかと思いますが、インド料理ではカレー以外にも肉料理、魚料理、野菜料理などもあり、総じてスパイスの巧みな配合により味を出しています。

カレーライスではおなじみのように日本のカレーは小麦粉を使用しますが、インドのカレーは小麦粉を使用しないため、日本のカレーのような“とろみ”がないのが特徴です。

当社のカレーは化学調味料を一切使わず、野菜や多くの薬効をもつ香辛料で作られています。 脂肪分も少なくヘルシーで、一度食べますとファンになる方が多く日本人にも大変親しみやすくなっています。

社名“アクバル”の由来

アクバル皇帝(Jalaluddin Akbar)

当社の社名「アクバル」はインドムガール帝国第三代皇帝のアクバル(Jalaluddin Akbar、西暦1542~1605)から命名しております。

このアクバル大帝は40年(西暦1556~1605)の治政でムガール帝国をインド古代帝国であるアショカ王時代に匹敵する一大帝国をつくった気宇壮大な人物であったといわれています。

会社の歩み

1982年 06月 資本金2千万円にて設立
代表取締役に長久保 博 就任
1982年 10月 たまプラーザ東急ショッピングセンター内にたまプラーザ店開店
1988年 04月 第6期決算にて売上高1億円を突破
1988年 07月 資本金2千6百万円に増資
1991年 10月 資本金4千9百40万円に増資
1992年 04月 青葉台東急駅ビル内に青葉台店開店
2000年 07月 青葉台東急駅ビル閉店に伴い青葉台店閉店
2000年 09月 相模原市に初路面店「なんかれ」開店
2009年 07月 あざみ野に「となりのアクバル」開店
2016年 01月 たまプラーザ東急百貨店より「たまプラーザ店」退店
2016年 05月 たまプラーザに路面店、「たまプラーザ店」開店

会社概要

商   号 株式会社 アクバル (AKBAR Co.,Ltd.)
所   在 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-12-18 第5松美105号
TEL/FAX 045-903-5110
設   立 1982年 6月 5日
創   業 1982年 10月 2日
資 本 金 4千9百40万円
役   員 代表取締役       長久保 江世
専務取締役       長久保 健
取締役         長沼 薫
監査役         長沼 昭悟
事   業 インド料理レストラン経営
店   舗 たまプラーザ店(神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-19-19 すみれハイツ1F)
相模原店(神奈川県相模原市南区東大沼3丁目)
あざみ野店(神奈川県横浜市青葉区あざみ野2丁目)
従 業 員 約50名(パート、アルバイト社員を含む)
諸 制 度 寮完備、健康保険、厚生年金、その他社会保険完備、各種レクリエーションあり
主要仕入先
(順不同)
タカナシ販売株式会社
星野食品株式会社
キーコーヒー株式会社
インターパック株式会社
カワワ株式会社
高瀬物産株式会社
田辺商事株式会社
アンビカトレーディングカンパニー

プライバシーポリシー

1. 個人情報の取得について
弊社は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。
2. 個人情報の利用について
弊社は、個人情報をお客様からのお問い合わせへの対応業務に必要な範囲内で、利用致します。
3. 個人情報の安全管理について
弊社は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
4. 個人情報の委託について
弊社は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。
5. 個人情報の第三者提供について
弊社は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。
6. 個人情報の開示について
弊社は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。 その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。